Copyright© FunCycle All Rights Reserved.

自転車のお渡しまで

自転車はメーカーの工場で七分程度組み立てられ、自転車店へ納入されます。
ファンサイクルではその自転車を乗り心地や耐久性を左右する部分の分解、調整を施し、再度組んでお客様へお渡しします。

1.子供車

子供車も分解してきちんと整備しています!
子供達はとっても正直!お渡しの時に「この自転車すごい乗りやすいよ!」とその子のお兄さん、お姉さん達が感想を言ってくれることがあります。
ちゃんと違いがわかってもらえて嬉しい一瞬です。

2.ロードレーサー

まず、お客様が自転車をどのように使われるのか、お話を伺います。

レースに出てみたい、通勤に使いたい、週末にのんびり遠乗りしてみたい等など、ロードレーサーと一口に言っても、使い方はお客様によって様々です。
その使い方によってお薦めする自転車が変わることもありますので、ここは大事なポイントです(^^)

ご希望のメーカーがお決まりの時はその中から、まだ決まっていない場合は、カタログをご覧頂きながら、メーカー、車種を選んでいただきます。基本的に気に入ったデザインの自転車で決めていただくのですが、自転車の種類があまりに多いので、迷われる方も少なくありません。そこで、お選びいただく1つの方法として、ファンサイクルではフレームの種類での絞込みをお薦めすることがあります。

自転車のフレームに使われている材質には、主に カーボン、アルミニウム、クロモリ、チタンなどがあります。その材質によって乗り心地や、取り扱い方に違いがあるので、ご使用の用途でお薦めする素材が違ってきます。また、フレームの材質によって、それを得意とするメーカーがありますので、素材を
決めたら、そこからメーカーや車種を絞り込むことができます。お客様の用途、ご予算などなど、ご要望をお聞きして、ぴったりの自転車をご案内します。

自転車が決まったら、サイズを決めます。自転車は乗る人の体型に合っていることが非常に大切ですので、身長からちょうどいいフレームサイズを決めます。場合によっては店頭に置いている、フレームサイズを測るための専用スケールに乗っていただいて、サイズを決めます。

また、ファンサイクルではフレーム、ハンドル、ホイール、タイヤ、コンポーネント等など、パーツのひとつひとつを話し合って部品を選び、よりお客様の体型やお好みにぴったりと合った自転車の作成も行っています。

こうして自転車が決まったら、オーダー→自転車入荷→整備 という流れになります。入荷した自転車を丁寧に整備、組み上げを行います。そして、お渡しの前にお客様に一度ご来店いただいて、ポジション合わせという作業を行います。ポジション合わせは足元から始まり、サドルの高さ及び前後位置、ハンドルの高さ、レバー取り付け位置などを細かくチェックしていきます。同じ身長の方でも、手の長さ足の長さなどはそれぞれ違いますので、実際の自転車に乗って、体に負担が少なく、かつ踏み込む力がスムーズに推進力となるような位置を決めます。時間は約1時間程度を予定しています。

ポジション合わせが終わってからワイヤーを張り、バーテープを巻くなど、仕上げの作業を行って、2~3日後にお渡しとなります。